リップル最大の取引市場は韓国からマルタへ!

スポンサーリンク

 

 

 

 

どうも!

リキ (@bitcoin_dream1) です!

またまた暑くなっていますね。

8月に入って暑さが収まる訳はないので当たり前ですけど、とにかく外は暑いのでそんな時には外出はしない方が一番!

 

韓国ではなくマルタがリップル最大取引国に

こんなニュースが流れてきましたね。

リップルと言えば韓国ってイメージは結構強いかなと思いますが、今ではもうマルタなんですね。

マルタといえばタックスヘイブンでも知られているだけに、なんとなく名前は聞いたことがありましたが、リップルの取引量が多いのは意外でした。

流動性が高いことからとのことで、なるほどなと。

マルタはEUなのでユーロ。

結局EUが抱えている「通貨発行権」ですよね。

自分の国で使う通貨を自国で作れない。

それで仮想通貨の流動性にってことなんでしょう。

そう考えると合理的ではありますよね。

租税回避といえば…

 

租税回避といえば、ちょっと前に話題になりましたね。

ここまですれば日本人とはみなされないので租税回避できると(笑)

さすがに少々ハードルが高いですけどね。

ただ、やっぱり仮想通貨がFX同様累進課税って点は何とも言えないですよね。

ここら辺にも日本の行政の閉塞感が漂っていますが。

まぁ利益が出たら税金。これは…

ということで今日はここまでにしておきましょうかね(笑)

LINE@登録でおススメ銘柄を配信

 

LINE@ではブログで書けない情報も流してる

ので一緒に登録お願いします!!

↓↓

https://line.me/R/ti/p/%40bai7421l

 

LINEのID⇒@bai7421l

スポンサーリンク