本日のマイニング結果は採掘難易度調整の影響を受けて下落

スポンサーリンク

ビットコインの採掘難易度調整の影響も

あってか、本日のマイニング結果は前日と

比べて大きく下がりました。

 

 

ハッシュパワーは、買い増しているので

それらを考えると、BTCの採掘難易度が

上がる事はリスクだと感じますね。

 

 

1/14と1/15の採掘結果

 

1/14

 

1/15

 

現在のビットコイン円換算で

4,400円ほど下がりました。

 

 

ちなみに、1/14にハッシュパワーを1.2 TH/s

(264USD分)買い増ししています。

 

 

それでも採掘結果が下がっているので

難易度調整の影響は出ていると思います。

 

 

BTCの難易度調整は2週間に1度ある

 

採掘難易度(ディフィカルティー)

採掘難易度とは、ディフィカルティーとも呼ばれ採掘(マイニング)によりブロックを生成する(ナンスを算出する)難易度のことです。具体的にはブロックのハッシュ値がこの値より小さくなればOKという指標のことです。値が低いほど採掘が難しいということになります。ハッシュレート(採掘速度)と合わせてブロックの生成量目安の計算に使用されます。ブロックの生成は平均して10分に1回になるように調整されます。その調整をするため2週間に1度採掘難易度を変更します。過去2週間の平均が10分より短ければ難易度を上げ(値を下げ)、逆に長ければ難易度を下げ(値を上げ)ます。

採掘難易度は採掘競争環境激化により上がり続けますが、過去に下がったこともあります。

よってブロック生成間隔は10分と言われますが、厳密に10分ではなく、なるべく10分になるように調整されています。

bitFlyer参照

 

 

ビットコインのブロック生成は約10分に1度、生成されるように定められています。

 

 

1ブロック10分を基準にして、10分かからずに生成される状態が続いている場合は難易度を上げて10分間隔で生成されるように調整されます。

 

 

逆に10分以上かかっている場合は難易度を下げる調整が行われます。

この難易度調整は2016ブロック毎に1回行われます。

 

 

2016ブロックを10分で掛けると20160分。

2160分を1時間に直すと336時間。

336時間を1日に直すと14日

 

 

およそ2週間に1回行われる計算になります。

 

 

ブロックチェーンやマイニングに関して、

勉強したい人は下記の書籍がおススメです。

 

現在の運用ハッシュレート

 

ビットコインが掘れるSHA-256をメインに

ハッシュレートを増やしています。

 

 

ハッシュレート⇒149.52 TH / s

購入金額⇒23594.54$(日本円:約2,642588円)

 

 

マイニングは採掘難易度の影響やビットコイン

の相場で収益が大きく変動します。

 

 

ただ、個人的には、ビットコインの

相場は上がっていくと思っています。

 

 

現状はハッシュパワーを再投資で

購入して増やしていくつもりです。

 

 

6月頃から資金回収を予定しています。

 

 

それまでにどうなっているかですね。

 

 

ハッシュフレアのマイニングするなら下記のコードを入れてね!

 

プロモーションコードに「B406A061」を入れていただくと5%割引になります!

(初回のみ有効なので、まとめて買うほうが良いです)

HashFlare

 

 

LINE@登録でおススメ銘柄を配信

 

LINE@ではブログで書けない情報も流してる

ので一緒に登録お願いします!!

↓↓

https://line.me/R/ti/p/%40bai7421l

 

LINEのID⇒@bai7421l

 

管理人お勧め!仮想通貨取引所

 

僕もコインチェックメインで使っています!

 

 

画面も見やすくスマホにも対応していますので

初心者の方には、お勧めです(^^♪

↓↓

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

 

スポンサーリンク

現金1万円or仮想通貨リップル1万円分、全員もらえます!
画像をクリックして詳細を確認
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓